ドラッグストアを退職して薬局の薬剤師募集に応募し転職成功した話

料理好きのシェフの一大決心

料理好きのシェフの一大決心 / 薬剤師は収入もよく安定した生活ができる

もともとシェフとして仕事をしていました。
料理をすることがとても得意だったので、シェフの道に進んだのです。
シェフとして料理を作る仕事は、かなりやりがいがありました。
しかし、給料があまり良くなかったのです。
結婚をして家族をしっかりと養いたいと思っていたので、しっかりとした収入がある仕事に就きたいと思うようになったのです。
しかし、すぐに就けそうな仕事はありませんでした。
というのも、ずっとシェフとして働いていたので、できることは料理を作ることだけだったからです。
他の仕事に転職するためには、教育を受ける必要がありました。
そこで、大学に入って学び直すことに決めました。
家族にしばらくの間負担をかけることになってしまうことは承知でしたが、将来のことを考えると、教育に投資することは悪いことではないと思ったのです。
そこで、奨学金を利用して大学に入学することにしました。
大学で学んだものは、薬学です。
というのも、転職をして薬剤師として働きたいと思ったからです。
薬剤師を選んだ理由は、もともと薬学に興味を持っていたことと給料の良さでした。
社会的に見ても、地位の高い職業であるところも魅力に感じていました。
薬学部に入るために勉強したのですが、その勉強もかなり大変でした。
学生生活はかなり昔のことだったので、勉強すること自体が久しぶりだったのです。
そのため、勉強に集中できるまでにかなり時間がかかってしまいました。
しかし、少しずつ慣れていったので、やっと薬学部に入学することができました。
入学すると、周囲の人々はほとんど私よりも若い学生たちでした。
年齢は違うものの、学生たちはみんなよく勉強する人たちだったので、モチベーションがかなり高くなりました。
質問をした時には、親身になってサポートしてくれる友達もたくさんいました。
教授に関しては、かなり思いやりのある人々が多かったです。
魅力的な人柄の教授にも、たくさん会うことができました。
薬学部での生活は、想像していた以上に満足することができるものでした。
試験で失敗することも何度かあったのですが、再度試験を受けて、すべての科目に合格することができました。